ブログを始めて一ヶ月(この一ヶ月を境に日数調整します)1月1日=31日目

ブログを始めて一ヶ月、なので今日を31日目と変更します。

毎回、今日は何日目だったっけ?なんて考える時間がもったいないので、ここできりのいい日数に調整します。ご了承下さい。

去年から始めた短編小説家への道を少しずつ自分の足で進めております。今日で一ヶ月、これからももっと色んな事を勉強して、目指すべき場所へしっかりとたどり着けるよう頑張って行きます。

昨日、12月31日に初めて、小説投稿サイト、「小説家になろう」様に、このブログにある「on your marks」をアップしました。

小説を書きたい人と読みたい人が集まる、このサイト様に作品をアップ出来る事を嬉しく思っています。ただここのサイト様は、利用者数が多い事がメリットでありデメリットである、投稿した作品が新着ピックアップに載っている時間は、約30分と言われています。投稿数がとても多い。評価制度システムもありますので、高評価作品などは、ジャンル別ランキングに出てきますが、こう言った評価がもらえていない作品は新着ピックアップ時間を過ぎると新しく見つけてもらう事は困難らしいです。そして、この評価システムは強制ではないので、読んでもらったからと言っても評価がまったくないと言った作品が沢山あるそうです。

小説の総投稿数が53万と言う、とんでもない数の小説が投稿されています。そしてその半分以上の作品がまったく評価ポイントもつかないまま流れてしまうと言う現実、それはもう作品の内容だけではない、まず作品を見てもらえる為の努力から始まり、その結果、作品を見てもらえたとして、次に最後まで読んでもらえる事、そして最終に、読んでくれた方が評価してあげたいなと思ってもらう事、そして初めて1手間をかけて頂き、5段階評価の評価×2項目=最大10点を決めて、更新してもらう。それを積み重ね、ランキングの上の方に作品を残し続け、継続的に新しい方に自分の作品を発信し続ける。これはとてつもなく大変な事だと痛感しました。

ちなみにこのサイト様から、どれくらいの数かまでは知りませんが、書籍化されている本は沢山あるようです。それが更に人気となり、アニメ化されているシリーズもあります。


自分が一ヶ月前、あの一歩を踏み出さなければ、この現実は知らなかった。自分が踏み出した一歩があって今の現実を知る。これを知った上で、書店に並んでいる、それも平積みされている、あの作品達はどれだけの戦いの中を勝ち進んで、そこにあるのか、その重みもまた、知る事となった。今、読んでいる本もまた、今はその重さを感じている。

このサイト様は、主に異世界転生物と言う、よくアニメで使われるシリーズが多く投稿されています。結果、それを求めているユーザーも多く、私が目指すヒューマンストーリーは、少し戦いにくい場所なのかもしれませんが、やはり投稿させてもらってすぐには、複数人の方のアクセスがありました。最後まで読んでもらえたかは分かりませんが、たしかに読んでくれた方がいた事を前向きに捕らえ、しっかりと評価してもらえるような物を作って行きたいと思います。

私は、今回の初投稿の「on your marks」ご縁が会って、投稿したその瞬間にあったアクセスの中で評価をくれた方がいました。10段階中の7点でした。こうした大変厳しい戦いの中、私は、評価ポイントが無い時間をほとんど経験せずに進める事が出来ます。この評価をしっかりと受け止め、更に良いものを作って行こうと思いました。

いつか、このサイト様ではメインではないのかもしれませんが、そんなカテゴリーのヒューマンドラマのカテゴリー、それも短編小説のみで当面は頑張っていきます。


このサイト様の評価システムはユーザー登録していない人は出来ません。そして不正の無いように自身の投稿には評価出来ません。更に利用規約で複数アカウントも禁止されています。

不正はやろうと思えば出来るのかもしれませんが、そう言うやりかたをしても、それは良い作品とは言えないので、この評価システムはとてもすばらしいものだと思っています。

もし、ご縁が会って、このブログを見てくれた方がいたら、私のこのブログにもあるストーリーですが、いいストーリーだなと思ったら是非、ユーザー登録して、私の作品を応援して下さい。

リンク貼って置きます。(別サイト(小説家になろう)様の中の私の短編小説です

小説家になろう(on your marks)別サイトです

一歩ずつ頑張って歩いています。今日で一ヶ月、日数調整して31歩になりました。

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。