40代から始めるソロキャンプ&ファミリーキャンプ

40代から始めるソロキャンプ&ファミリーキャンプ

人生の折り返し地点を過ぎた、ゆうやっちがやりたい事を全部やるブログです。

そんなゆうやっちが今回、思い立ったのは

ソロキャンプ!

どうですか?なんかやってみたくないですか?

テントを背中に構え、ターフの下で小さな焚火をしながら広がる大自然に癒される時間。

おっち
よさそう!!
あっち
やってみたい!!
ゆうやっち
って思うよね。ゆうやっちはそう思いました。てかソロキャン希望なのになんで入ってくるのかな?

やらないで後悔するならやって後悔して行こう!モットーにしている私は人生での初キャンプに挑戦してみようと思いました。

あっち
ねぇねぇまず何から始めるの?
ゆうやっち
グッズ選びでしょ?
おっち
そこから!?
ゆうやっち
はい!そこからです。

数あるキャンプブログの中でもオンリーワンと言ってもいいんじゃないでしょうか?まだキャンプをやってないと言うブログ!これはレアブログですよ。そう今からグッズを選ぶんです!

そんなところから始めて行きます。見切り発車最高!

発車しないよりは見切りでも発車した方がきっと

景色は変わるんです!はい。

じつは私、ゆうやっちがソロキャンプを始めたいと言い始めた事をきっかけに見るだけと言う名目でアウトドア用品店を視察!視察って何様やねん!なんて事は置いといて、そのショップの真ん中に鎮座ましますと言わんばかりの2ルームテントが張られていました。

嫁様や子供達のテンションメーターはレッドゾーンに入っていた事に間違いはありません。

あっち
家族ですればいいやん!キャンプ!
おっち
このテントで寝た~い
おっち
パパ一人だけとかズル~い

そんな声を聞きながら、まるで買ったかのようにそのテントの中に入り、他にどんなものが必要なのかをチェックし始めた嫁様。

暗いのが怖いからキャンプは嫌だと言っていた子供達

虫が嫌だからキャンプなんてもってのほかと言っていた嫁様

あれ?雲行きが変わってきたぞ??

もともとはソロキャン希望だったゆうやっちですが、まぁ家族もやりたいと言うなら拒否する理由はありませんよね。

って事でリサーチ大好きのリサーチャーゆうやっちが色んな角度からチェックしたキャンプグッズを発表します!

テント

個人的に狙っていたテントはこれです。ソロキャンプを考えた時にリサーチにリサーチを重ねて辿り着いたテントです。実際は2~3人用らしいです。もちろんソロキャンもOK!

あぁ~これがほしい!

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム/LX(価格21384円)

出典 コールマンオンラインショップ

な・の・で・す・が!ファミリーキャンプとなるとちょっと小さい。ゆうやっち家は4人家族なんです。そこで!展示してあったテントがこれ!

じゃ~ん!!

コールマン(Coleman)タフスクリーン2ルームハウス+(価格75384円)

出典 コールマンオンラインショップ

 この存在感!!

ゆうやっち
ねぇねぇ!このテント良くない?最高じゃない?

2018年の最新モデルのこのテントはダークルームテクノロジーと言って遮光性がめちゃくちゃ高いらしい。キャンプしたいけど朝はゆっくり寝たいと言う、うちの嫁様にぴったりすぎるテクノロジーです。

実際にテント内に入ってみましたが、秘密基地感に興奮を隠せませんでした。きっとうちの子供たちもこのテントに魅了されたのだと思います。言ってみればこのテントでキャンプするなら一緒に行きたいということなのです。

そうなればこのテント一択ですよね。一気に予算が跳ね上がってしまいましたが、それは仕方が無い。

とは言え、さすがに即購入とは行かずに一旦、持ち帰りで家族会議をします。

本当にファミリーでやりたいのか?暗闇は大丈夫なのか?虫は大丈夫なのか?

しっかり話し合わないとソロキャンプにタフスクリーン2ルームハウス+なんて贅沢すぎますからね。

参考までに2ルームハウスの最新モデル(2018年)は一人で設営も出来るらしいです。初キャンプの私でも本当に設営出来ますか?なんて気になりますが、これはこれで購入したらレビューをアップします。

まぁソロであれ、ファミリーであれ、このオフシーズンにしっかり吟味してキャンプセットを揃えていくつもりですから、色々チェックしました。

そのほかのキャンプ用品もテントをコールマンにすると決めているので、備品もコールマンにしようかと思っています。

テーブル

テーブルがどんなものがいいか?とかは分かりません。なんと言ってもやったことがないんですからね。でも、そのショップではこのテーブルが置かれていました。4人なら十分食べれそうです。

出典 コールマンオンラインショップ

椅子

これはキャンプの快適さを左右する重要なアイテムだと思っています。ファミリーキャンプならやはり4脚必要ですよね?

椅子は色んなタイプがあるので、とにかく展示品に座ってみて感触を確かめて選びたいですね。椅子のお値段は2000円~1万円以上のものまで種類が沢山あります。

ゆうやっち的には、なによりも座り心地重視で選びたいと思っています

出典 コールマンオンラインショップ

 

ランタン

ランタンは大きく分けて3種類に分かれます。LED。ガス。ガソリン。私が検討しているのはLEDとガスです。違いは燃料の元が電気かガスか?の違いだけでしょ?なんて思っているゆうやっちが調べた結果。

コールマンのあのガスランタンに火が灯れば本当のキャンプの始まりだそうです。

マジ!!!?

そういわれるとガスランタンにするしかないよね? ってなんだその理由! でもね、その魅力。なんとなく分かる気がするんです。このガスランタンを見れば、それだけでキャンプっぽい雰囲気が出ますよね。

一応、テント内用にLEDランタンも買おうと思っています。

出典 コールマンオンラインショップ

 

マット

テント内に敷くマットです。実質はこの上で寝る事になるので、品質の高い物を選ぼうと思っています。まぁ品質が高いものは多少お値段もお高い。それでもやはり寝床なので、クッション性のあるものをしっかり選びたいと思います。

出典 コールマンオンラインショップ

寝袋

季節によっては必要ないかもしれませんが、私は1つ持っておきたいと思っています。この寝袋は触り心地が全然ビニールっぽくなく、まるで布団のような?まぁ布団か。そんな素材です。

本当に肌触りがよかった。私は寒がりなので超絶必須アイテムです。

出典 コールマンオンラインショップ

以上が絶対揃える必要品でした。

あったら便利な小物達

 

我キャンプ、玄関口に、あったら嬉しいランタンポール

  • ランタンポール 5000円

 

地面から、テントを守るグランドシート

  • グランドシート 5000円

 

揺らめく炎が、キャンプの証

  • 焚き火台 5000円

 

純正では、ちょっと足りない

  • ペグ8本セット 3000円

(タフスクリーン2ルームハウスではペグ30本弱必要らしい)←ゆうやっち調べ

 

やっぱり専用、カチがある

  • ペグ打ちハンマー 3000円

 

テンションの調整、出来るしっかりロープ

  • ロープ10本セット 2000円

 

カルタの上の句のようなテンポであったら便利な小物達も書いてみました。

まとめ

よーし書き出したぞ!必要になりそうな物を書き出したところから、もうキャンプが始まっている。って事は、ゆうやっちはもうキャンプを始めていると言っても過言では無い!

私のこのブログにはキャンプ関連記事はまだないけど、これからゆっくりと増えてくるかもしれません。

それでは今回はこの辺りで

ゆうやっち
あぁー!早く買いたい!

これからも全力で遊んで行きます。全力遊びブログをよろしくお願いします。

彦根城を探索してきた日記(お城巡りシリーズ)

2019年1月14日

奈良公園探訪日記(東大寺&興福寺&春日大社も見たよ)

2018年10月14日

伊賀上野城を攻略してきた日記(お城巡りシリーズ)

2018年9月24日

40代から始めるソロキャンプ&ファミリーキャンプ

2018年9月14日

スーパーGT 鈴鹿サーキット 観戦日記

2018年5月22日

パワースポットへパワーを頂きに行った話in熊野古道

2018年5月5日

鈴鹿サーキット 2018年ファン感謝デー 見どころ&駐車場情報をチェック 観戦日記

2018年3月13日
0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。