2018 スーパーフォーミュラ  第2戦  オートポリス

2018年 スーパーフォーミュラ 第2戦 オートポリス 予想&結果です

5月13日更新

さきほどスーパーフォーミュラ第2戦 オートポリスは中止が発表されました。非常に残念です。1年で7回しかない、このSFが昨年の最終戦鈴鹿に続いて、開幕戦を走っただけで第2戦も中止になってしまうなんて。私は個人的に雨が好きです。雨は心を落ち着かせてくれるヒーリング剤のような効果があってブログを書く時なんかも雨の方が捗ります。でも、自分勝手ですが、こんな雨はやめてほしい。今日の日を楽しみにしていたオートポリスのお客さんの事を思うと、本当に心苦しいです。決して主催者気取りではありません。唯一の救いが二週間後にSUGOがあるって事です。平均月に1回ペースなので、お預けは2週間ですね。出来るだけ早くに次の予想記事を書きます。この記事の後半にも一応、結果まとめも更新しています。

この記事についてのお詫び

私の勘違いで今回のオートポリスには福住選手は出走しませんでした。確認不足ですみませんでした。

4月28日更新

スーパーフォーミュラ 第二戦 5月12日13日開催のオートポリスの順位を勝手に予想していきます。

重要 今回から順位予想を8位まで書きます。ポイント獲得が8位までなので8位まで書くことにしました。(前回は7位まで)

前回の予想&結果記事はこちらです

2018 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿サーキット 

2018年3月29日

第一戦で素晴らしいバトルを見せてくれたSF14と2スペック性のヨコハマタイヤ、このオートポリスではどのようなレースを見せてくれるでしょうか?昨年はガスリーやローゼンクヴィストと言う海外から参戦組にやられてしまった、このサーキット!またまた戦略の妙がありそうな予感します。

順位予想

順位予想予想結果結果
1位小林 可夢偉carrozzeria Team KCMG
2位石浦 宏明 P.MU/CERUMO ・ INGING
3位関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
4位山本尚貴TEAM MUGEN
5位福住仁嶺TEAM MUGEN
6位塚越広大REAL RACING
7位平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
8位野尻智紀DANDELION  RACING

予想解説

小林可夢偉

去年のオートポリス、もう少しやり方があったんじゃないでしょうか?去年がこうだったから今年もこうだ!なんて事を言うつもりはありませんが、可夢偉選手が復帰してまだ一度も優勝がありません。決して遅い訳では無い!だからこそ!今年こそ!そう思った時、このサーキットでよろしくお願いします。

石浦宏明

気がつけばいつも前の方にいる石浦選手の安定感は疑うところがありません。まぁ特別ここが優れているって訳ではないですが、昨年チャンピオンはやっぱり上の方に来るのではないでしょうか?

関口 雄飛

第一戦の鈴鹿では、素晴らしい走りを見せてくれました。この人は今、大混戦のトヨタドライバーの中で次期エースと言われるドライバーだと思います。そんな関口選手をここに予想します。

山本尚貴

どうしても鈴鹿だけが速いと言われがちな山本選手、今年はそのイメージを払拭する為にも、この辺りでフィニッシュしてもらえたら、シリーズチャンピオンも狙えるのではないでしょうか?

福住仁嶺

悔しくも初戦をリタイヤしてしまった。福住選手、でもその速さを十分に見せてくれたのではないでしょうか?このレースは山本選手と並んで、この位置ぐらいでどうでしょうか?

塚越広大

最近の塚越選手はとても良いです。見てて気持ちがいい!常に誰かを煽っている走り。追い込まれるシーンを見る事が少なくなりました。これを書いている時点ではスーパーGTの富士500kmは終わっていないですが、そのレースでも暴れてくれているかもしれませんね

平川亮

鈴鹿では残念ながらリタイヤとなりましたが、たしかにちょっと無茶ではあったように思いますが、私は嫌いではないです。隙があればどっからでも行くぞ!って言う気迫は見ている人に伝わります。レースである以上、バトルである以上、接触しないように安全第一って言うのは違うと思う。危険があるからリスクがあるからプロなんだと思う!グリットペナルティーを加味しても、ここに予想します!

野尻智紀

まぁこの人も結局、速いですよね。あともう一つ、もう一つのピースがハマれば、一気の上位の常連となりそうですが、今は少し何かが足りないように思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?第1戦の鈴鹿はまぁまぁナイス予想だったと思いますが、今回の可夢偉選手の優勝予想は攻めすぎですかね。熟成度としては、あってもいいと思うのですが、頑張れ可夢偉選手!

あと平川選手の所でも書きましたが、レースである以上リスクはあって然りだと思います。もちろんクラッシュを推奨しているわけではなくて、ギリギリを攻めた結果のアクシデントはあって当然だと思います。当たったら嫌だから後ろで走って置こうなんて人がいたらそれはレーサーでは無く、ただの運転手です。今日も危険の無いように安全第一で頑張りますって言われたら、もう走らなくていいよ!って思う。本当にクラッシュ推奨では無いんですよ!ギリギリのレーシングアクシデントは攻めた結果だとして、私はそんなドライバーを応援したいと思います。って事で鈴鹿のレースはみんなアグレッシブでかっこよかったです!

このオートポリスもそうなればいいな~!また、レース後のレビューも書きます!

と言う事で、今年は平川選手のアグレッシブさに期待して、絶対に行かせてなるものかとした関口選手も応援したいと思います。

結局、今年のチームインパル魅力たっぷりです!

結果まとめ(5月13日更新)

雨のため中止となったオートポリス!それでも見ごたえのあった部分を書き出します。レース自体が中止なので、予選にすべてのスポットを当てていきますが、まずはなんと言っても、私の予想1位にしていた可夢偉選手がQ2でコースレコードを叩き出しました!オンボード映像で確認した所、最終セクションでアタックしていないマシンに追いついてしまい、一瞬の躊躇いがあったように見えました。それでも、後続を0.3秒も離してのトップタイム!まさに脅威の走りでした。リアルタイムで見ていた私も思わず、声を上げてしまった事は内緒です。

これってもしかして2戦連続1位当ててしまうんじゃないの?なんて思っていたら、Q3ではなんと、なんと!ではないな、まぁ十分にありえるドライバー平川選手がしっかりを纏め上げてのポール獲得。しかし結果はレース中止!野尻選手は割りと前にいる事多いけど、今回は松下選手も見たかった。ちなみにボソっと言いますが、今年になって伊沢選手、すごく良くないですか?ちょっとがけっぷちに立たされた伊沢選手がシリーズチャンピオンとか、メイクミラクルですよ!それ!そうゆうストーリーをさ~もっと出して下さいよ~!JRPさん!

背水の陣、もうあとが無い伊沢選手!だからこそ!絶対に負けられない物がそこにある!F2戻りがなんだ!お前達が簡単に勝てるほど、日本のレースは甘くないんだよ!残念だが、お前達が立つポディウムはここには無い!なぜなら俺はまだこのステージの最前線にいるから!なんてね!いつもの妄想です。すみません!こんな感じで楽しんでいます。

今回のもう一つのポイント!レースが中止になったあとでのインタビューで予選6位だった関口選手が、もし走れてたら勝てたと思いますと言っていた!予選6位から??って思うけど、でも常にそうゆうギラギラした物を見せ続けてほしいと思います。

あっち
残念だったね~やっち!
ゆうやっち
雨は仕方がないね。もう少し小ぶりなら走れたと思うけど残念!
おっち
こうなったら次の記事早く書いてね!よろしく!
ゆうやっち
え!?今日は無理です
あっち
まぁあのまま走っていても今回の予想はだいぶ外れてたと思う
ゆうやっち
たしかに
あっち
また次の予想出来たら、ここの貼りに来るね~!

スーパーフォーミュラの記事はこちら

2018 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

2018年9月24日

2018 スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山国際サーキット

2018年9月2日

2018 スーパーフォーミュラ 第5戦 ツインリンクもてぎ

2018年7月30日

2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ

2018年6月18日

2018 スーパーフォーミュラ 第3戦 スポーツランドSUGO

2018年5月15日

2018 スーパーフォーミュラ  第2戦  オートポリス

2018年4月25日

2018 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿サーキット 

2018年3月29日

スーパーGTの記事も書いています

2018 スーパーGT 第8戦 ツインリンクもてぎ 

2018年11月4日

2018 スーパーGT 第7戦 オートポリス

2018年10月14日

2018 スーパーGT 第6戦 スポーツランドSUGO

2018年8月28日

2018 スーパーGT 第5戦  富士スピードウェイ

2018年7月22日

2018 スーパーGT 第4戦 タイ

2018年5月24日

2018 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

2018年5月7日

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 500km

2018年4月18日

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日
1+
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント

  • GT盛り上がってることを感じるのに、スーパーフォーミュラのこの盛り上がり欠ける感何?
    上位のドライバーが見えちゃう感?のせいかしら
    元F1ドライバーやルーキーがギラギラやって欲しいです

    でも、私このサイトみたいにまじめにモースポ愛が溢れてる予想は大好きです
    うまく伝えられずすみません⤵

    0
    • にしも様 コメントありがとうございます。
      にしも様の言う通り、GTはエンターテンメント性や参戦チームが多い事もあり会場は賑やかになりますよね。それに比べて、と言うのは感じる所は有ります。
      正直、モータースポーツが好きな私からすると双方の魅力はまた違うところにあるので別の物なんですが、特に好きではない人にはSFのレースは退屈に感じるのかもしれませんね。
      でも、それを差し置いても今のSF14マシン完成度とドライバークオリティーは一見の価値有りだと思っているので、知らない人にも是非このレースに触れてもらいたいです。

      こうやってコメントも書いてもらえたので、少し熱くなってしまいますが、やはりもう少し因縁バトルを言うか、演出でもいいから、俺は絶対あいつには負けない!なんて言う。物語をつけて戦ってもらいたい!
      前戦、鈴鹿でのチームインパルの二人は見ている私を熱くさせてくれました。逆に上下関係がはっきりしているチームなんかだと、そこに緊張感が生まれにくく見ている方は興ざめしてしまいます。

      もっと物語を!
      昨年は後塵を拝した山本選手!海外から戻った福住選手に負ける事は許されない!ホンダのエースとしての意地を見せてくれ!
      惜しくもF1への道が少し遠くなった福住選手。海外で培った勝負力、国内はカテゴリーはF1への通過点でしかない!負けるはずがない!
      チームメイトは最大にライバルだ!

      同世代のドライバーは常に優勝争い、中島選手や石浦選手。F1の表彰台まで取った男がこのままでは終われない!小林可夢偉選手!

      みたいな感じを自分で作り出して楽しんでいます。コメント欄に長文すみませんでした。

      私は時々、レース予想記事を書いていて、読んでくれている方に楽しんでもらえてるのかな?と不安になる事があります
      そんな中、このようなコメントを頂けるのは本当に嬉しいです。これからも出来るだけ自分がレースを楽しんで、それを記事にして発信して行けるように頑張ります。
      にしも様のコメントは私のブログの力になります。
      これからも宜しくお願いします。

      0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。