2018 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

2018年 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

さぁやってきました。スーパーGT鈴鹿!真夏の伝統の一戦 鈴鹿1000kmが終わってしまい、5月のこの時期に300kmレースが行われる事になりました。

開幕から2戦終了して、まさかのレクサス勢に勝利が無いと言う現実。混戦模様は大歓迎ですが、この鈴鹿ではどのようなバトルをみせてくれるでしょうか?

5月22日更新

とても良いお天気に恵まれ、鈴鹿サーキットのレースが終わりました。ランキング予想の欄にも結果を更新しています。いつもの結果まとめも更新しています。

鈴鹿サーキットの特徴

全長 5807m

F1のおかげで世界的にも有名なこのサーキット。現在では国内の知名度もNO、1だと思っています。ただ国内サーキットで比較しても世界のサーキットで比較しても、テクニカルサーキットと言って間違いないと思います。抜けそうで抜きにくいコースでオーバーテイクポイントはシケインぐらいかな、ヘアピンでインに飛び込むのもありだけど、ヘアピンの入り口は緩やかな右カーブなので前の車の動きが読みにくいから、インに飛び込むのはリスクがありそう。

第3戦 鈴鹿サーキット ランキング5 予想

順位予想結果
1位
RAYBRIG NSXARTA NSX
2位KEIHIN NSXRAYBRIG NSX
3位カルソニック IMPUL GT-RKeePer TOM'S LC500
4位KeePer TOM’S LC500カルソニック IMPUL GT-R
5位DENSO LC500au TOM'S LC500

第3戦 鈴鹿サーキット ランキング5 解説

第1位 RAYBRIG NSX

初戦で今年の一番輝くマシンはこれだと決めてます。鈴鹿得意の山本選手&日本国内サーキットでは一番熟知しているはずのバトン選手の組み合わせでホームレースを獲りましょう!

第2位 KEIHIN NSX

昨年の鈴鹿、あのタイヤバーストが無ければ、あと1周ピットストップが早ければ、レースでは必ずあるタラレバ、そしてそれは言い訳にしかならない。変えようが無い事実!今年、乗りに乗ってる塚越選手と大ベテラン小暮選手がレイブリックに張り付く!

第3位 カルソニック IMPUL GT-R

何故ここにカルソニック?そう思った方も多いのでは?確かに今年のGT-Rは23号車以外は元気が無い。でもそんな中、前戦で好走を見せてくれた、この二人。一発ここで見せて下さい!

第4位 KeePer TOM’S LC500

どうしても気になるこのチーム、私のランキング5予想の常連ですね。一度、スイッチが入った、この二人は速い!それは間違いない。ただ、そろそろ少し重い気もするので、4位予想にしました。

第5位 DENSO LC500

まだまだ坪井選手に負けているなんて言わせたらダメです。坪井選手は速い!でもやっぱり可夢偉選手の方が上だ。って所を見せて欲しい。

予想まとめ(5月10日)

今回は初戦のワンツーを逆にしました。今年のNSXはやってくれそう。去年はウエイトハンデがライバルチームにたっぷり乗っていたからNSXが上位で戦えただけ、なんて言われていましたが、今年は違う。実力でホームコースの勝利を勝ち取れ!と言う事で1位予想は100号車です。

何度か書いたかもしれませんが、私はこの鈴鹿300km、現地観戦します。グランドスタンドのBブロックから、全チームの熱いバトルを応援する予定です。どのチームのTシャツを着て行くか、どのレースの記念Tシャツを着て行くかは言わないでおきます。

皆さんにとって、久しぶりの鈴鹿300kmレース、最高に楽しいレースになる事を祈っています。

鈴鹿1000kmも復活してほしいなぁー。

結果まとめ(5月22日)

さて今回の予想は70点ぐらいでしょうか?え!?ダメ?でもでも3台入っているし、順位は違うけど、これはまぁいい線と言うことで!はい。

では結果を見て行きましょう。まず1位のARTA NSX!まぁ予想外でしたが最近の伊沢選手がちょっと違うなと思うほど、素晴らしい走りでした。特に予選は神アタックだっとと言えるでしょう。まぁあれがすべてですね。この事については最後に書きます。

2位のRAYBRIGもそこそこウェイト積んでたけど良く頑張りました。でもやっぱバトン選手がもう一つ乗り切れてないのかな?レースになると前を煽って行くシーンがあまり見れないのが少し残念です。

3位keeperもやはり気が付けばここにと言う得意のしれっと上位ですね。

5位に入ったauのファイナルラップのオーバーテイク!あれがあるから関口選手は好きなんですよ。

まぁいつものタラレバですが、DENSOのストップはちょっともったいなかった。前戦、坪井選手がやってくれたので可夢偉選手の走りも見たかったです。残念。

そしてKEIHINはまぁなんと言うか、仕方ないけど、うーん。KEIHINって鈴鹿では、なんだか、もう、あんまり覚えてないけど、常に何かが起こっている気がする。

そんな2台を省けば、うん!まぁ的中???ってことで(汗)

 

それでは、少しRAYBRIGについて書きます。おまけですが・・・・・・

SC導入後、早い段階でピットインしたRAYBRIG。まぁあのままバトンで走っていたら、もうちょっと後ろになっていたかもしれない。今回はバトンは乗り切れてなかっと思う。一度はARTAにかなり離されていたが、SCのおかげでその差を縮めていたタイミングで良い判断だった。結果、3位に落ちていた順位を2位に回復する事に成功!さてこのあと、山本選手は前を行く野尻選手を追いかけましたが、抜ききれずに結果的に2位になりました。山本選手、行けなかったのかな?行かなかったのかな? 何度かアタックしてみせた。それは分かる。でも後半はタイヤがダメになったのかな? 野尻選手から少し離れてしまった。300の影響もあるだろうけど、もっと攻められたんじゃ……と感じた。昨年の羽の生えたような走りではなかったように思ったので、もしかして、伊沢選手に遠慮したのかな? まぁそれは言い過ぎか(汗) 実際、同じホンダ同士、あまりリスクを取りすぎる事もなかったのかもしれませんね。 表彰台での伊沢選手を称える」山本選手があまりにも嬉しそうで、あんなに喜んでしまうと、山本選手、ARTAを本当に抜きたかった? ってちょっと思えた。 まぁ良い接戦でレースはよかったですが、ファイナルラップの関口選手ぐらいのギラギラしたものが今回のRAYBRIGからは感じなかった。さぁーだんだんとウェイトが重くなるよー!

 

あっち
終わったね~!まぁいい予想だったんじゃない?
ゆうやっち
まぁ予想のランキング5のうちの1台がリタイアで1台がペナルティーがあったから仕方ないね
あっち
そう思うとランキング5をすべて当てるのは難しいね
ゆうやっち
お!やっと、あっちも分かってくれたかい?予想の難しさを
あっち
ううん!分かった振りしただけ
ゆうやっち
がーん!
おっち
いいじゃん!いいじゃん! どっちでも!

ゆうやっち
どっちでもよくない!

あっち
っと言う事で、やっちが怒ってきたので、これで終わります!
あっち
ちなみに第1戦と第2戦の予想&結果の記事はこちら

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 500km

2018年4月18日

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日
あっち
第4戦の予想の記事はこちらです

2018 スーパーGT 第4戦 タイ

2018年5月24日

最新のランキング10

順位チームポイント
1位RAYBRIG NSX100
2位KeePer TOM'S LC50097
3位ARTA NSX89
4位ZENT CERUMO LC50082
5位au TOM'S LC50064
6位KEIHIN NSX66
7位WAKO'S LC50065
8位MOTUL AUTECH GT-R
64
9位DENSO LC50062
10位カルソニックIMPUL GT-R51

スーパーGTの記事はこちら

2018 スーパーGT 第8戦 ツインリンクもてぎ 

2018年11月4日

2018 スーパーGT 第7戦 オートポリス

2018年10月14日

2018 スーパーGT 第6戦 スポーツランドSUGO

2018年8月28日

2018 スーパーGT 第5戦  富士スピードウェイ

2018年7月22日

2018 スーパーGT 第4戦 タイ

2018年5月24日

2018 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

2018年5月7日

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 500km

2018年4月18日

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日

スーパーフォーミュラの記事はこちら

2018 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

2018年9月24日

2018 スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山国際サーキット

2018年9月2日

2018 スーパーフォーミュラ 第5戦 ツインリンクもてぎ

2018年7月30日

2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ

2018年6月18日

2018 スーパーフォーミュラ 第3戦 スポーツランドSUGO

2018年5月15日

2018 スーパーフォーミュラ  第2戦  オートポリス

2018年4月25日

2018 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿サーキット 

2018年3月29日
0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。