2018 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

2018 スーパーフォーミュラ 最終戦 鈴鹿サーキット 予想

2018年スーパーフォーミュラの最終戦はこんな展開だったらいいのにな。そう思っていた4月の開幕戦。まさにその通りとまでは行きませんが、かなり近い結果がここにあります。

レースにタラレバは無い!

あの時の裁定がなければ、あの時にピットに入っていれば、あの時ソフトタイヤでスタートしていれば、あの時、あの時……。

終わる事の無いあの時。一瞬の判断。でもその一瞬の判断を正しく積み重ねた者だけが、このシリーズの頂点に立つ。

そんなスーパーフォーミュラ最終戦。鈴鹿サーキット。

文才など持ち合わせていない無い私が1年間、一言コメントを添え予想記事を書いてきた。この1年を振り返るだけでもブログが試行錯誤している事が分かる。そんなグダグダな予想ブログも、とうとう最終戦。

最後の予想記事は予想でもあり希望でもあり、そして最後の結果を示すものだ。そんなランキングをここに書き出して行く。

シーズンを通してブログを訪れてくれた方に心から感謝します。

最後の方で結果レビューをまとめています

順位予想

順位予想予想結果結果
1位小林 可夢偉KCMG山本尚貴TEAM MUGEN
2位山本尚貴TEAM MUGENニック・キャシディKONDO RACING
3位関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL山下 健太KONDO RACING
4位石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING国本 雄資JMS P.MU/CERUMO・INGING
5位平川 亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
6位松下 信治DANDELION  RACING塚越 広大REAL RACING
7位ニック・キャシディKONDO RACING松下 信治DANDELION  RACING
8位野尻智紀DANDELION  RACING関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL

予想解説

小林可夢偉

2015年に参戦を始めたこのスーパーフォーミュラ、数々の白熱のバトルをみせてくれて彼が求めた日本のモータースポーツを盛り上げたいと言う参戦の理由。それは叶ったと言える!人気が今ひとつだったこのスーパーフォーミュラも今はグランドスタンドが埋め尽くされるほどだ。そんな彼がSF14の最終戦を自身の初優勝で花を添える。こんな舞台があるだろうか!僕はそれを求める。可夢偉選手はいつも表彰台では控えめに思える。でもこのSF14ラストレースをポディウムの頂点で思いっきり喜んでほしい。ファンはその姿を待っている。すべての出来事はこのラストレースの為だったんだ!さぁ可夢偉選手!舞台は整った!

山本尚貴

鈴鹿はめっぽう強い。それは間違いない。ただ他のサーキットではその精細を欠く。それによって一抹の不安を持たざるを得なくなる。それでもこの鈴鹿ではあの開幕戦の速さが戻ってくると信じている。しかしラストレースは可夢偉選手に前を行かれるのではないかと思う。第3戦は運にも助けられた。第4戦、第5戦、第6戦共に、もう一つ輝きが見えない。無限の速さでSF14ラストレースを駆け抜けろ!

関口雄飛

悪夢の裁定から今一つギアが合わない関口選手。もし自分が優勝出来ないなら、もういいやって言うような人ではない。最後まで最後まで諦めずにアタックし続ける。その気迫で最終戦は3位です。来シーズンに繋げる表彰台をよろしくお願いします。

石浦宏明

強い石浦選手。強いセルモインギング。最後は結局このチームか? 台風で中止になった昨年の最終戦、もしレースがあったらどうだっただろうか? 石浦選手が勝っていたのではないだろうか?今シーズンはどうだ? やっぱり石浦選手が優勝か?

平川亮

開幕戦のヘアピンでのアタック。嫌いでは有りません。むしろ大好きです。そんな闘争心剥き出しの平川選手。それでも国内にはとんでもないドライバー達がいる。平川選手の全力アタックでも最終戦は5位フィニッシュです。そして来年もこの2人でチームインパルをお願いします。

松下信治

F1に近い男と言われた男がこのスーパーフォーミュラで結果が出ていない。今シーズンは第5戦でポイントを獲得したのみ。不運も重なったのかもしれないが、それもまた実力。残念ながらファンの期待に添えていない。来シーズンのシートを賭けて、なんとしてもポイント圏内でフィニッシュしたい事だろう!

ニック・キャシディ

ポイントライキングトップのキャシディがここ!キャシディは鈴鹿は得意だと言っている。まぁ得意なんだろうけど、このサーキットにはもっと得意な人達がいる。今のニックでは表彰台には届かないと思う。

野尻智紀

野尻選手は鈴鹿が得意と言うイメージは無い。でも第1戦では見事、表彰台。今シーズンは1レースを落としただけで安定してポイントゲットしている。もう少し上でフィニッシュする事が出来たら、来シーズンは・・・・・・そんな期待も込めて、ポイントゲットです。

 

まとめ

レースがあるかなり前に書いた予想まとめです

私は予想ブログ書いている時は、頭の中でレースをしています。こうなるんじゃないのかな?予選はこんな感じなのかな?なんてね。っと言う事で今回は最後なので、そんな妄想の一部を書いてみましょう。妄想が長くなるので飛ばしてくれてもいいですよ。私、ゆうやっちがピ〇ール北〇さんになった気持ちで書いていきます。

ピ〇ール北〇
さぁー予選はチェッカーフラッグ!全車最後のアタックです!
ピ〇ール北〇
リーダーボードのトップは現在、石浦宏明!前年度チャンピオンの意地をみせた!
ピ〇ール北〇
おーっと!山本尚貴がセクター1、セクター1全体ベスト!やっぱり鈴鹿はこの人かぁ!
ピ〇ール北〇
小林可夢偉もいいぞ!セクター1自己ベスト!セクター1自己ベスト!!
ピ〇ール北〇
あぁぁぁー山本。セクター2をちょっと落とした。
ピ〇ール北〇
その隙を見事に突いて小林可夢偉がセクター2全体ベストだ!セクター2セクター2!全体ベスト!小林可夢偉!!!
ピ〇ール北〇
さぁぁー遅れをとった山本尚貴のセクター3はどうだ!!?山本尚貴!!山本尚貴はセクター3全体ベストだ!!
ピ〇ール北〇
平川亮がゴールラインを通過!僅かに石浦には届かず、現在2位!!
ピ〇ール北〇
野尻もいいぞ!野尻!あぁぁぁー最終セクターで落としたかぁー!野尻は9位!
ピ〇ール北〇
セクター3セクター3!!小林可夢偉がいいぞ!!山本のタイムをぉぉぉーーー!塗り替え全体ベストだ!
ピ〇ール北〇
さぁー山本が帰ってくる!山本が帰ってくるぞ!タイムはどうだー??
ピ〇ール北〇
トップの石浦を100分の8秒上回ったぁぁぁー!!山本がトップ浮上!!!山本がトップ浮上だぁー!
ピ〇ール北〇
さぁー小林可夢偉も帰ってくる!小林可夢偉も帰ってくるぞ!!セクター2、セクター3と全体ベストの小林可夢偉がぁぁぁ!今フィニッシュラインを通過!!!タイムは!!!!?タイムはどうだぁー!!!
ピ〇ール北〇
1000分の3秒差!!!小林可夢偉がトップだぁぁぁーーー!!!!
ピ〇ール北〇
小林可夢偉がSF14ラストレースで鬼神の走り!!鈴鹿で初のポールポジションを獲得しましたぁー!

ふぅー!妄想疲れた!って嘘です。でもね。やっぱり予選の最後のアタックの瞬間って最高ですよね。1週5807mもあるのに1000分の何秒とかさぁー!!ありえん!!

でも全ドライバーが凄いから、本当の凄さが分かりにくいんだよね。いっそ試しにグランドスタンドに座っている普通免許しか持っていない、もちろんライセンスも持ってない、レースの経験も無い、ゆうやっちにSF14ドライブさせて下さい。そうすればさぁー分かるんじゃないの?みんなの凄さが!!!お願いします。トヨタさんホンダさん!!ゆうやっちにSF14ドライブさせて下さい!!!

って言っておいたらイベント的にオファー来ないかな?

あっち
来る訳ないでしょ?バカなの???
ピ〇ール北〇
今日はなんと!グランドスタンドにいたお客さんにSF14をドライブしてもらおうと思います。
ピ〇ール北〇
それでは、ゆうやっちさんです!どうぞ!
ゆうやっち
どうもありがとうございます!
ピ〇ール北〇
今のお気持ちはどうですか?
ゆうやっち
いやぁーまさか選ばれるとは思っていなかったので、今は少し緊張しています
ピ〇ール北〇
まぁあくまでもクルージングと言うことなのでね、気持ちを楽にしてね楽しんで下さい
ゆうやっち
せっかくなので本気でアタックしてみようと思います
ピ〇ール北〇
え!!?大丈夫ですか??
ゆうやっち
1コーナーに軽くブレーキを入れて加重を前にして車を曲げます。アウト側いっぱいまでラインを取って2コーナーへ。しっかり減速しS字。S字は入り口でラインに乗ったらあとはテンポとリズムで走れます。そこから逆バンク。アンダーが出ないようしっかりとアクセルコントロールしてダンロップからデグナーへ。デグナーの1個目の飛び込みに少し勇気がいりますが思いっきり入ってみます。デグナー2個目は3速で抜けて行きます。立体交差からヘアピンはインを取り過ぎずに立ち上がりに重点を置き、スプーンへ入り口で4速に落として出口で3速。バックストレートから130Rは根性のノーブレーキで挑戦してみます。シケインはストレートで2速まで落とし最終コーナーを立ち上がる予定です

あっち
妄想!終われ!

は!!!夢の世界に落ちそうだった!!

最後、こんな記事ですみません。それだけ楽しみなんです。

ちなみにこの形で終わった場合はシリーズランキングがどうなるか?分かりますか? 最新のランキングを見て足し算して見て下さい

獲得ポイントは1位10+ボーナスポイント3=13ポイント

2位 8ポイント。3位 6ポイント。4位 5ポイント 5位 4ポイント 6位 3ポイント 7位 2ポイント 8位 1ポイントです

予選ポールポジションには1ポイント加算されます。

っと言う事で今日のまとめ、なんだか変な感じになってしまいましたが、日本最高峰のフォーミュラレース。もし、少しでも気になった方がいましたら現地、鈴鹿サーキットへ!

その迫力はF1にも負けていないと思っています。

10月28日。鈴鹿サーキットで会いましょう!

ジェントルマン!

スタート・ユア・ エンジン!!

2019年 山本尚貴選手のF1への可能性

2018年11月13日

結果まとめ

スーパーフォーミュラの最終戦が終わった。結果は山本尚貴選手のポールトゥウィンであった。終わってみればポールトゥウィン。しかし、その優勝までの43週。いやその前日、予選から緊迫した一瞬一瞬の積み重ね、この勝利までの道を切り開いて行った、そのすべてを私はこの目で見てきた。山本尚貴選手のファンであるとかニック・キャシディ選手のファンであるとかそう言った事ではない最高の空気感がこの鈴鹿サーキットにあった。

ここに来るまで6戦(雨天中止あり)の戦いの中でラストステージに立つ役者は3名に絞られていた。しかし、その3名が最終戦、見事に絡み合い決着するなんて事は作り上げられたドラマでもない限り起こらない。作られたドラマは最後に感動のフィニッシュありきで作られている。でもそれは作り物に過ぎない。こう言った真剣バトルではある種、空気の読まない結末が待っているのがほとんどだ。だいたい、直接のチャンピオン争いしている人がレース終盤に1番手2番手で接戦を繰り広げるなんて事は無くて当たり前なのだ。それが作り物ではないレースなのだ。

だが!この2018年スーパーフォーミュラ最終戦には、その作り物のようなドラマが待っていた。

予選Q1、Q2、Q3とすべてトップで駆け抜けた山本尚貴選手はさすが鈴鹿マイスターと呼ばれる圧巻の走りでしたが、チラっと見えるコンドーレーシングの影が真後ろにいた。あのニック・キャシディでは無く山下健太選手だ。

もしスタートで山下健太選手が前に出たら、どうなるだろ?そう感じたのは私だけではなかったはずだ。

本戦のスタート、ブラックアウトのその瞬間、一瞬のホイールスピンさえ許されない緊張の時、横に並ぶコンドーレーシングの山下健太選手、隙あらばとスタートには定評のある中島一貴選手を3番手に従える山本選手のプレッシャーは私が想像を出来る範疇を超えていたであろう。

そんなスタートの時、抜群のスタートを決めた山本選手。

ぐんぐんと後続を引き離していく。まさに盤石!!

ここから43週、ミスなく走り続ける事が出来たなら、その勝利は・・・・・・

だが、事はそう簡単には行かなかった。4番手スタートでミディアムを選択していたニック選手が思ったより離れていかない。ソフト組が順次タイヤ交換を済まして行く中、ほぼスタンダードとも言えるタイミングで山本選手もタイヤ交換を済ました。

逆の作戦をとったニック選手は後半、ミディアムからソフトへ

ピットアウトした時、山本選手は遥か前を駆け抜けていた。

これで決まったか!!!

そんな安堵が一瞬にして消え去った。ソフトタイヤに熱の入ったニック選手が1ラップ1秒前後で山本選手との差を詰め始めた。残り12周。タイム差8秒!!

もしこれが作り上げられたドラマなら、この展開は分かる。しかしこれは作り物でも何物でも無い。言わばこの二人以外が勝って終わりなんて事も普通にある。

それが、直接対決の二人が今この位置関係で残り10周を争うと言うのだ!

歴史に残る大バトル!

盤石のように見えた、予選からここまでも、それはまさに一歩踏み外せばピリっと音が鳴る薄氷を踏むかのような戦いをしていたのだ。

そして最後の時、43周後のフィニッシュラインを駆け抜けたのは山本選手だった。僅か0.6秒差にまで詰め寄ったニック選手にも賞賛の拍手が送られていた事は間違いない。ウイニングランの間もグランドスタンドはスタンディングオベーション。グランドスタンド最上段のパノラマルームから観戦していた私は、そのファンの熱気とこの感動のフィニッシュに何か込み上げるものがあった。

何度も言うがレースは作り物ではない。山本選手が優勝でなく3位でもニック選手や石浦選手がポイント圏外ならシリーズチャンピオンだ。言わば、山本選手3位、ニック選手、石浦選手がポイント圏外ならそれはそれでチャンピオン。でもそれは決して綺麗なものではない。作り物では無い以上そういうのが当然。綺麗に終わろうなんて事は所詮無理。泥臭く、泥臭く、勝って行けばいいのだ。だがしかし山本選手はそれを優勝で飾った。それも直接のライバルを0.8秒差に従えて。そんな話は筋書き通りの作り物にしか思えない。

でも、このシリーズは開幕戦の鈴鹿から計7戦、どの戦いにも筋書きなど存在しない。そうガチンコバトルの結果がこれだ!

2018年スーパーフォーミュラはまるで誰かが描いたかのような、まさに筋書通りの戴冠であるように見える筋書きでは無いドラマがそこにあった。

山本尚貴選手、優勝おめでとう!!!

ただのいちファンのいち趣味ブロガーの私から感謝を込めてありがとうと言いたい

素晴らしいバトルを素晴らしいレースを、そして心震えるような感動をありがとう!!

最新のポイントランキング

順位ドライバーポイント
1位山本 尚貴38
2位ニック・キャシディ37
3位石浦 宏明25
4位関口 雄飛18
5位平川 亮17
6位中嶋 一貴15
7位野尻 智紀12.5
8位山下 健太11.5

スーパーフォーミュラの記事はこちら

2018 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

2018年9月24日

2018 スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山国際サーキット

2018年9月2日

2018 スーパーフォーミュラ 第5戦 ツインリンクもてぎ

2018年7月30日

2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ

2018年6月18日

2018 スーパーフォーミュラ 第3戦 スポーツランドSUGO

2018年5月15日

2018 スーパーフォーミュラ  第2戦  オートポリス

2018年4月25日

2018 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿サーキット 

2018年3月29日

スーパーGTの記事も書いています

2018 スーパーGT 第8戦 ツインリンクもてぎ 

2018年11月4日

2018 スーパーGT 第7戦 オートポリス

2018年10月14日

2018 スーパーGT 第6戦 スポーツランドSUGO

2018年8月28日

2018 スーパーGT 第5戦  富士スピードウェイ

2018年7月22日

2018 スーパーGT 第4戦 タイ

2018年5月24日

2018 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

2018年5月7日

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 500km

2018年4月18日

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日

 

1+
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。