彦根城を探索してきた日記(お城巡りシリーズ)

皆さん、こんばんは!やりたい事は全部やる。の@ゆうやっち10です。

そんなやりたい事のうちの一つ、日本100名城制覇の為のブログ(お城巡りシリーズ)です。

こんな感じのやつです。この本に100名城の紹介があり、スタンプ帳も付いている優れものです。

それではゆうやっちの全力遊びブログ(お城巡りシリーズ)始まりますよ!!

彦根城

現存12天守のうちの一つ。

現存天守(げんそんてんしゅ)とは、日本の城天守のうち、江戸時代またはそれ以前に建設され、現代まで保存されている天守のことである。これ以外に存在する天守には、復元天守復興天守模擬天守がある。

出典 ウィキペディア

そうゆう事なんです。建設されて現在まで保存されている天守。それも日本で12しか無いと言われれば、とても感慨深いものがあるのです。

ゆうやっち
あの関ヶ原の戦いの功績で、この地を与えられた井伊家はかつての石田三成の城、佐和山城に入城していた。しかし、敵だった三成の城を嫌い、井伊家はこの彦根城を建設したと言われているのです。
ゆうやっち
凄くない!!?
ゆうやっち
あの歴史的な戦い関ヶ原から、続くこのストーリー!う~んたまらないのです。
あっち
うん。よく分かんないです
ゆうやっち
ですよね。
ゆうやっち
じゃ!これでどうだ!ひこにゃん!
おっち
おおお!!!ひこにゃん!!!
ゆうやっち
関ヶ原の歴史よりひこにゃんかい!

彦根城攻略

お城の敷地内にいくつかある駐車場に車を止めた。朝早い時間帯だったから近くに止めれたけど、通常の時間帯とかだったら、いっぱいになってしまうかもなので要注意です。

名称 収容台数 営業時間 料金
一般駐車場(彦根城)
 二の丸駐車場 普通 40台 8:30〜18:00 乗用車:1日400円
 桜場駐車場 普通 70台 8:30〜18:00 乗用車:1日400円
 大手前駐車場 普通 25台 8:30〜18:00 乗用車:1日400円

ゆうやっち
そっちだな!!!あい。わかった!!!皆の者行くぞ!!
あっち
どこに?
ゆうやっち
あっ彦根城の天守へ・・・・・・
あっち
どうぞ!
ゆうやっち
はい。。。
ゆうやっち
いいんです。あっちはいつもこんな感じなので!では行くぞ~!

こんなところを登って行くのです。そう自分が攻め込むかのような気持ちで・・・・・・

上がったところに広場が、上から狙われそうですが、行くしかないのです。

出た!!!!彦根城

壮観ですね。何度かドラマや映画の舞台にもなったと言われる。お城。

半分工事中だったのは残念でしたが、とても立派なお城でした。

だいたいお城の中はどうなっているのか、なんとなくわかっている。でも毎回、この足を踏み入れる瞬間はドキドキします。

この階段を登っている最中に上から長ヤリで突かれたら、ひとたまりもありません。きっとゆうやっちはこの辺りで上から突き刺されて、人生が終わってしまう1人だと思う。

琵琶湖を望む絶景。当時の城主はこの景色を見て何を思っていたのでしょう。

その彦根城に400年の時を経て、こんな人(猫)が現れるなんて!!!

ひこにゃん!!!

私はね、もうおじさんなんですよ。流石にひこにゃん!とか言われてもテンション上がんないですよ。

なんて思っていた。

しかし、実物はかわいい。あまりの可愛さにツイッターにも乗せてしまっていた。

そして、このツイッターが翌日のイベントで話題にされていたらしいので、嬉しかったのである。

この手に持ってるキャンディーを食べようとするんですよ~そして司会者の人に怒られるんですよ〜ひこにゃんが・・・・・・・

あぁ~かわいい!是非、1度、会いに行って見て下さい。

まとめ

ゆっくり見ようと思えば半日は楽しめると思います。お城から少し出て城下町を散策するのもいいかもしれません。お食事処もあります。

お城巡りをするなら、この後、別のプランを足しても良いかもしれません。ただ1日をここで過ごそうとするのは少し無理があるかもしれません。でも、気候の良い時期にお城前の広場で歴史を感じながら穏やかな時間をひこにゃんと共に過ごすのも楽しいかもしれませんね。

彦根城登城!!

ありがとうございました。


お城巡りを筆頭にこれからも全力で遊んで行きます。全力遊びブログをよろしくお願いします。

彦根城を探索してきた日記(お城巡りシリーズ)

2019年1月14日

奈良公園探訪日記(東大寺&興福寺&春日大社も見たよ)

2018年10月14日

伊賀上野城を攻略してきた日記(お城巡りシリーズ)

2018年9月24日

40代から始めるソロキャンプ&ファミリーキャンプ

2018年9月14日

スーパーGT 鈴鹿サーキット 観戦日記

2018年5月22日

パワースポットへパワーを頂きに行った話in熊野古道

2018年5月5日

鈴鹿サーキット 2018年ファン感謝デー 見どころ&駐車場情報をチェック 観戦日記

2018年3月13日

 

 

 

 

 

 

1+
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。