思いはきっと届くはず

冷たい風が耳に当たる、12月の風は前から横から吹き付ける。学校の帰り道、家まで30分の道のり、一緒に帰る友達とマフラーで包んだ首をすぼめて、ポッケに両手を突っ込んだまま、二人で並んで歩いている。キンキンと冷たくなるのは耳だけで、あとは全身温かい。上からニット帽にマフラー、ダウンジャンパー裏起毛の暖かズボン。毎日、同じ道を一緒に帰って行く。ただ淡々と二人は並んで寒空の下を歩いていく。


 

きょうは雨、二人はいつものように、特に待ち合わせると言う訳でもなく学校の校門で一緒になる。カッパを着て傘も出して二人で並んで歩いて行く。途中のお寺の入り口にブロック塀の下から、一本だけ花が咲いていた。その花は、こんな寒さの中、雨に打たれて、それでもしっかりと太陽の方を向いていた。

「こんなに寒いのに花が咲くんだね」とみっちゃんは言った。

「かわいいね。頑張ってるね」と私は答えた。

いつもと同じこの道で毎日違う会話をちょこっとする、休みの日も一緒に遊んだりはしないそんな関係だった、学校ではお互い違う友達と遊ぶ。家が同じ方角にある、それだけ

今日は普段より寒い。二人はいつものように待ち合わせるでもなく一緒に帰り始める。寒いからかな、二人の距離はいつもより近い、大きなトラックが近づいてきたから、一瞬だけ縦になった。けどまたすぐに二人は並ぶ

「あぶなかったね」と私

「おっきいトラックだったね」とみっちゃんが答えた。

いつもより距離の近い二人は、顔を見合わせて笑った。


みっちゃんの家の方が先なんだよね。私の家は地区は違うけど、みっちゃんの家から全力疾走1分のところにある、登校は上級生や下級生と大勢で行くけど、帰りはいつもみっちゃんと二人。

そんな、みっちゃんは今日学校を休んだ・・・・・・

帰りは一人で帰った。明日みっちゃん学校来るかな・・・・・・

次の日も次の日も、みっちゃんは学校に来なかった。

「みっちゃんはどうしたの?」ママに聞いた

「みっちゃんは重い病気で入院してるの、いつ退院出来るか分からないみたい」とママ

それから私は毎日一人で帰っている。


冷たい風が耳に当たる、12月の風は前から横から吹き付ける。

上からニット帽にマフラー、ダウンジャンパー裏起毛の暖かズボン。いつもと同じ格好なのに・・・・・・「すごく寒いよ、みっちゃん」

いつもと同じこの道が色を失い、モノクロのような景色に変わる。いつもと同じお寺の花は少し元気がないように思えた。

私はその少し元気がなさそうなお花にお願いをした「みっちゃんが早く元気になりますように、そしてお花さんも元気になってね」

 

みっちゃんの病気が治って戻ってきた時、みっちゃんが寒くないように、

もっとひっついて帰ろうね。


 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。