スーパーGT 2017年 ランキング

スーパーGT 2017年 ランキング

ゆうやっちの勝手にプレイバックのコーナーです。

年間のリザルトなんて、振り返った時、あの時のリタイヤがなかったら、あの時にクラッシュがなかったら、そう思うことが多々有り、一戦の大切が良く分かります。

今シーズンが始まる前に一度、プレイバックしてみませんか?各レースをピンポイントで振り返りながら、2017年のリザルトをチェックしてみましょう!

2017年リザルト

順位チームポイント
1位KeePer TOM'S LC500105
2位MOTUL AUTECH GT-R103
3位WAKO'S LC50082
4位ZENT CERUMO LC50081
5位au TOM'S LC50073
6位DENSO LC50064
7位RAYBRIG NSX63
8位KEIHIN NSX51
9位ARTA NSX50
10位Epson NSX50
11位S-Road GT-R46
12位WedsSport LC50041
13位カルソニック IMPUL GT-R33
14位フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R24
15位MUGEN NSX20

第一戦 岡山国際サーキット

皆さん覚えているでしょうか?ホンダファンにとっては悪夢のような第一戦でした。完走出来たのはたったの一台と言う悪夢。みごとに電気系統トラブルで止まってしまいました。この第一戦はトヨタチームの圧勝でした。予選ではポールを獲得したホンダ勢もトラブルでほぼリタイヤ、対抗してくるはずのニッサン勢もまったく火を噴かず、トヨタ勢同士の戦いにしかならなかった印象のレースでした。関口選手とコバライネン選手のだったり、中島一貴選手とカルダレッリ選手だったり。バックストレートエンドでのバトル、まぁここしかないように思うオーバーテイクポイント、インを取れないとちょっと難しいので逆にここでインをしっかり抑えてしまえば、なかなかオーバーテイクが難しいサーキットですね。マイクナイトコーナーから張り付いて1コーナーも行けるかな?

結果的にトヨタ6チームが上位独占でフィニッシュ

一位 KeePer TOM’S LC500

二位 WAKO’S LC500

三位 DENSO LC500

第二戦 富士スピードウェイ 500km

予選では一位にトヨタ、二位にニッサンとメーカー違いでバトルになるかと思いきや、始まってしまえば、やっぱりトヨタチームが速くて、予選二位だったMOTUL AUTECH GT-Rがどんどん抜かれ上位をトヨタ勢が占めました。富士はGT-Rが速いイメージがありますが、全体的にトヨタ勢に速さがあったように思えます。結果的に同士討ちになりそうなぐらいな接戦が繰り広げられて、最終的にZENTが優勝しました。

一位 ZENT CERUMO LC500

二位 WAKO’S LC500

三位 KeePer TOM’S LC500

第三戦 オートポリス

予選ポールはホンダ勢!RAYBRIGでした。開き幕戦の悪夢を振り払うかのようなポールポジション!スタートから順調なRAYBRIGそして後ろではau TOM’S のロシターがアグレッシブな走りを見せてくれました。あわや接触!いや接触していたかな、何度か(汗)それでも、とてもいい走りでした。手に汗握るバトルを繰り返して、順調に順位を上げたau TOM’S が優勝しました。

一位 au TOM’S LC500

二位 KEIHIN NSX

三位 RAYBRIG NSX

第四戦 SUGO

予選はトップ3をホンダ勢が占めました。ウエイトハンデがの影響もあってか、強さを見せていたトヨタ勢を上回りました。たった二週でホンダ三台が接戦バトルを繰り返して、ウェット路面でブリジストンタイヤを履くRAYBRIGがこのバトルを制しました。どのように転んでもホンダ勢の勝利が見えると思っていたSUGO!やっぱり魔物が棲んでいた。スリックか?インターミディエイトか?難しい路面でコースアウトや接触が多発、波乱含みで三回もセーフィーカーが導入されると言う展開!正直見ている方もどの車が何週目なのかわからないぐらいに混乱しました。圧倒的だった上位はピットストップの妙で順位を落として、このような結果となりました。レースは最後まで何があるか分からないと言う事を久しぶりに体感した気分でした。

一位 DENSO LC500

二位 S-Road GT-R

三位  WAKO’S LC500

第五戦 富士スピードウェイ

ポールポジションからARTA NSXが好スタート!順調にギャップを広げて行きます。今シーズンはここまで優勝はトヨタチームのレクサスのみ、ホンダチームもニッサンチームも二位はあるけど、優勝が無い第五戦でしたが、ここでとうとうトヨタ勢の連勝にNOを突きつけたのが、このARTA NSXでした。スタートから磐石の態勢で安定のラップを刻み、ゴールまで運んでくれました。トップ3に3メーカーが並ぶと言う一番理想的でレースになりました。

一位 ARTA NSX

二位 MOTUL AUTECH GT-R

三位 ZENT CERUMO LC500

第六戦 鈴鹿サーキット 1000km

もうご存知の方も多いかもしれませんが、私は住んでいる地域から現地観戦は鈴鹿しか行けません。今年も最後の鈴鹿1000kmを最大限に満喫してきました。レース展開を書き始めると永遠に終わらなさそうなので、簡単に書きますが、最初はもうフォーラムエンジニアリング がこのまま行くんじゃないかなと思うほどのペースを見せてくれて、ここでとうとうニッサンかな?なんて思っていましたが、10週ほどで一気にペースダウンKEIHIN NSXに抜かれてしまいました。それから順調だったKEIHIN NSXですが147週目にパンクしてしまい、掴んだと思っていた鈴鹿1000kmの優勝が手からスルスルと落ちてしまいました。今回一番のグランドスタンドでの歓声は鬼神の走りで追い上げていたRAYBRIGの山本選手が抜きあぐねていた1号車をホームストレートでオーバーテイクした瞬間だったと思います。いくら鈴鹿だからと言ってもみんなホンダファンと言うわけでは無いでしょうが、とても大きな歓声が上がっていました。

一位 Epson NSX

二位 MOTUL AUTECH GT-R

三位 RAYBRIG NSX

第七戦 タイ

ポールはKeePer TOM’S!この2017年の年間ランキングはもう分かっているので、この地点から雰囲気は出ていたのかもしれませんね。ウェット路面の難しいスタートできっちりホールショットを決めて周回を重ねます。磐石と言う言葉はこうゆう時に使うんだろうと思えるほど安心して見ていられるトップでした。この時にMOTUL AUTECH GT-Rは9位!もしこのMOTUL AUTECH GT-Rがもっと上だったら・・・・・・タラレバはレースでは意味のないことかもしれませんが一つ一つのレースとその時に順位がどれだけ大切なものなのか、確認出来たレースでした。

一位 KeePer TOM’S LC500

二位 WAKO’S LC500

三位 KEIHIN NSX

第八戦 ツインリンクもてぎ

さぁ最終戦です。すごく珍しい接触!スタート前の加速減速の時にまさかの接触!最近F1でもありましたよね、たしか、ハミルトンとベッテルだったかな?これがなければ、あっ!またタラレバって言ってしまった。でもこれが無ければ、KeePer TOM’Sの優勝じゃなかったかもしれない・・・・・・・とは言っても、シーズンで2回優勝したKeePer TOM’Sがこのレースもしっかりと二位につけた。優勝はMOTUL AUTECH GT-Rでした。

一位 MOTUL AUTECH GT-R

二位 KeePer TOM’S LC500

三位 ZENT CERUMO LC500

まとめ

振り返ってみて、やっぱり思うのは、一戦一戦の、たった一つの順位が振り返ればとても大きなターニングポイントになってしまう。シリーズチャンピオンになるチームはたとえ優勝出来なくても、そうゆう取りこぼしを出来るだけ減らして戦っている事が分かる。たった一つの接触がたった一つのトラブルが・・・・・・・タラレバなんて意味が無い!結果がすべてである以上、すべてを味方につけて走れた物が勝つ!!本当に見ていて気持ちのいいスポーツだと思います!

KeePer TOM’SがMOTUL AUTECH GT-Rの連続チャンピオンを阻止した。2018年のチャンピオンはどのチームになるのか!!!??

2018年のスーパーGTドライバーラインナップやスーパーフォーミュラの記事も書いていますので、もしよければご覧下さい。

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日

スーパーフォーミュラ 2017年 ランキング

2018年1月28日

スーパーGT&スーパーフォーミュラ 2018 日程 バッテング情報

2017年12月23日

スーパーGT 2018 ドライバーラインナップ 予想&決定発表!

2017年12月15日

スーパーフォーミュラ 2018 ドライバーラインナップ予想!確定へ!

2017年12月7日
0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。