2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ

2018年 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ 予想

6月18日更新

このカテゴリー全7戦の中で一番の高速サーキット。セッティングを最高速仕様にしておかないとオーバーテイクが難しいサーキットです。

前回のスポーツランドSUGOから1ヶ月以上空いての開催、前半戦の流れは一旦リセットされるのではないでしょうか?そうゆう事も踏まえて、今回のレース予想をして行きます。

前回までの予想も合わせてどうぞ

順位予想

順位予想予想結果結果
1位関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULニック・キャシディKONDO RACING
2位中島 一貴VANTELIN TEAM TOM’S石浦 宏明JMS P.MU/CERUMO・INGING
3位小林可夢偉carrozzeria Team KCMG国本 雄資JMS P.MU/CERUMO・INGING
4位伊沢拓也NAKAJIMA RACING平川 亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
5位ニック・キャシディKONDO RACING中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’S
6位松下信治DANDELION  RACING関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
7位塚越広大REAL RACING大嶋 和也UOMO SUNOCO
8位山本尚貴TEAM MUGEN山本尚貴TEAM MUGEN

予想解説

関口雄飛

彼は今トヨタチームで一番速いと思っている。この前のイベントで星野監督から冗談で来年の席は無いよ。なんてイジリがあったりして(汗)信頼関係があるからのイジリなんでしょうが、でもこの一言は結果がいるよ!と言われているように思いました。その結果をここで出す!

中島一貴

まずはルマン優勝おめでとう!その大きな自信がコンマ数秒を縮めてしまう!今年あまり良い所の無い中島選手がここで復活する

小林可夢偉

ごめんなさい。個人的感情入りすぎて怒られるかもしれませんが、ルマンのランデブー走行が脳裏から離れない。ここでも二人並んでフィニッシュでお願いします。

伊沢拓也

前回から何度も彼の名前を出している。まだまだやれる!そんな気迫が感じられる伊沢選手がホンダのトップ、この位置でフィニッシュです。

ニック・キャシディ

この人もいつの間にやら前にいる。気がつけば上位。まさにそんな人。なので現時点ではランキングから外せない存在ですね。

松下信治

まだ結果は出ていないが速さは十分見せつけられている。彼がこれから上位に食い込んでくる事はまず間違いないだろう。

塚越広大

奇策に次ぐ奇策を打ち出してくる。リアルレーシング。このサーキットは作戦より速さが物を言う。塚越選手はこの位置でお願いします。

山本尚貴

2連勝中の山本選手。ここはどうでしょうか? 鈴鹿以外での優勝は前回のSUGOが初めて、この富士でどこまでやれるでしょうか?

予想まとめ(6月18日)

第2戦が中止になった事で、まだ2戦しかやっていないですが、山本選手の2連勝で迎えた。第4戦富士スピードウェイ!今回の予想は前回のSUGOでの関口選手の不利な裁定の逆襲に期待しています。私の個人的総合優勝は山本選手か関口選手と考えています。なのでここでは関口選手の優勝を見せて欲しいと思っています。

山本選手にもシリーズチャンピオンを目指してほしいですが、もしここで山本選手が優勝してしまうと後半戦は消化レースのようになってしまいそうで、それはそれで嫌なんです。ワガママでごめんなさい。最終戦の鈴鹿を観戦予定なので、消化レースの最終戦なんて見たくないんです。緊張感を持って最終戦を迎えたいので、ここでは関口選手。それとルマンの勢いに乗っている二人。中島一貴選手と小林可夢偉選手を上位に選びました。

あっち
今回はちょっと理論が無く感情が入りすぎなんじゃないの?やっち
ゆうやっち
そんな事ないよ。そもそも今年の関口選手は早いと思うし、一貴選手や可夢偉選手もちょっとした巡りで変わる。十分にありえる予想です
おっち
だって応援している山本選手にも勝ちすぎも困るとかおかしいじゃん
ゆうやっち
しぃー!そうゆう大人の事情に首をつっこまないの!おっちは、もう
あっち
はい。っと言う訳で、結局大人の事情込み込みの第4戦の予想でした
ゆうやっち
そんな、つもりじゃないのに・・・・・・

結果まとめ(7月8日)

今日のレースのまとめ。何から書けばいいか分からない。私はWECやF1なんかも見るのですが、もう最近は国内レースの方が力が入ります。前回のSGTのレースも凄かったし、今回のこのレースも本当に凄かった。

全体的に見ればやっぱりタイヤのソフトとミディアムの差が大きかった事が一番なのかもしれないですね。それでもソフトスタートのキャシディ選手と石浦選手は速かった。あの地点で関口選手と山本選手がついて行けなかったのが勝負を二人だけの物にしたのだと思う。今日の敢闘賞は間違いなくこの二人。でもどの角度から切り取ってもキャシディ選手の走りが1番でポールトゥフィニッシュに値するレース運びでした。コンドーレーシングにとっては10年ぶりの勝利と言う事で喜びは相当なものだったと思います。感覚的にはコンドーレーシングも遅いイメージはないんだけど、勝ててはなかったんですね。やっぱり優勝と言うのは、本当に特別なものなんだと分かるレースでした。

年間ランキングも良い感じに混戦模様になってきて、個人的にはこのシリーズが盛り上がる要因になって嬉しく思います。誰かに負けてほしい訳じゃないんですよ。でも最後まで緊張感を持ってレースを観戦したいだけなんです。まぁプロ野球の日本シリーズは第7戦まで見れた方が楽しいでしょ?って言うのと同じです。

シリーズチャンピオンは誰の手に・・・・・・

このレースで折り返し、残り3戦。ランキングトップは山本選手で22ポイント。1ポイント差で追いかけるキャシディ選手。その次は石浦選手と中島選手と関口選手が僅差で並んでいます。

このレースの結果でまだまだ分からなくなったシリーズチャンピオンの行方。SF14のラストイヤーを締めくくる最高の年になる気がします。

ゆうやっち
今日のレースは本当に楽しかった。こんなレースがあるから、これからも目が離せない
あっち
このスーパーフォーミュラも今シーズン残り3戦
おっち
このあとの残り3戦の予想記事も順次アップしていくのでよろしくね~
あっち
って事で早く書いてね。やっち
ゆうやっち
レースの始まる2週間前ぐらいまでにアップ出来るようにします]
あっち
らしいので、また遊びに来てくださいね~

スーパーフォーミュラの記事はこちら

2018 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿サーキット

2018年9月24日

2018 スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山国際サーキット

2018年9月2日

2018 スーパーフォーミュラ 第5戦 ツインリンクもてぎ

2018年7月30日

2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ

2018年6月18日

2018 スーパーフォーミュラ 第3戦 スポーツランドSUGO

2018年5月15日

2018 スーパーフォーミュラ  第2戦  オートポリス

2018年4月25日

2018 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿サーキット 

2018年3月29日

 

スーパーGTの記事も書いています

2018 スーパーGT 第8戦 ツインリンクもてぎ 

2018年11月4日

2018 スーパーGT 第7戦 オートポリス

2018年10月14日

2018 スーパーGT 第6戦 スポーツランドSUGO

2018年8月28日

2018 スーパーGT 第5戦  富士スピードウェイ

2018年7月22日

2018 スーパーGT 第4戦 タイ

2018年5月24日

2018 スーパーGT 第3戦 鈴鹿サーキット

2018年5月7日

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 500km

2018年4月18日

2018 スーパーGT 第1戦 岡山国際サーキット

2018年3月8日
0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。