人間関係がちょっと苦しい時の考え方



人の気持ちや感情は10人いたら10人違うのは当たり前、そんな事は分かっているよ。

でもその違うって事分かっているのに認めていないから・・・・・・

認められないから、争いが起こる。争いと言っても戦争のような大きなものじゃなく、ほんの小さな争い。家族間や友達間言えば、家庭内や学校や会社と言った場所でも発生する。


自分の思っている事と相手の思っている事が違った 大したことの無い内容なら、「ふーん。そうなんだ」って思うぐらいだろうけど、どうしても許せない事や納得出来ない事だった場合はどうだろう?それが嫌で「それは違う」と言ってしまう事もあるでしょう。

それを言われた相手は「ふーん。そんなんだ」くらいで済めばいいけど、それも許せないとなってしまうとお互い平行線をたどる。

お互いに生まれるのは「わかってくれない」と言う気持ち!結果、どっちかが折れるか、我慢するかしかなく、その小さな出来事が「許せない」と言う気持ちを生み出します。

この「許せない」を持ったまま、また違う事で気持ちがぶつかると、今度は前回よりも、更に強い許せない気持ちが生まれます。。。

こうなると段々と嫌いとか嫌だとか言う気持ちが出てきて、最終的には、何も嫌な事はされてないのに、嫌だと思うようになります。そして、自分もそう思われているのではないか?となって結果的には

ただ苦しい気持ちだけが残ります。


こうゆう意見の食い違い、いや、意見の食い違いとか言うほどでもない、言い方と言い回し方とかでこんな感情が出来てしまいます。もちろん、そんな事をいちいち考えていたら何も話せないようになってしまうので、気にする必要はないでけど、相手の発言や行動も、また気にする必要がない事にしておかないとイーブンではないですよね。


自分が今、なんか苦しいなって思っているのが人間関係なら、一度試しにその相手を認めてあげて見てください。あなたの意見も正しいと!どこかで狂ったほんの僅かな歯車を元に戻してみてください。一時的でも十分です。自分が苦しいと思っているならです。思っていない人間関係はそのままでも大丈夫!きっと相手も思っていない。

自分が今、苦しいなら苦しいと思う事があるなら、苦しんでいる事を分かってほしいですよね、認めてほしいですよね。多分相手も思っています。「わかってほしい」って

自分の持っている感覚を相手と違うことを、はっきりと認める事で、意外と自分も楽になります。不思議ですよね。腹の立つ原因は相手のはずなのに、自分が相手を認めたら楽になるって、結局自分の気持ちのコントールが原因だったりするのです。

 

なんとなく、今自分が苦しい理由がわかってもらえたでしょうか?

今自分の近くにいる仲の良い人悪い人、全員、間違いなくあなた違う感覚と感情を思っています。あなたにとって嬉しい事は、相手にとって嬉しいとか限らない!

だから私の感情は間違っていないけど、自分とは違う感情を持っているあの人も正しい。その事をしっかり認識出来たら、あの人が嫌な事を言ったとしても、それはそれで認める!あの人が嫌な行動をとったら、それはそれで、そうゆう行動もあるか!と認める。

これがしっかり分かっていたら、自分の事を分かってくれないと思う事も少なくなると思います。そう思う回数を増やしていけば、きっとあなたの苦しみも少しずつ減ってくると思います。

私が、こうゆう事があった時に、こう思うようにしています。

やっぱり納得出来ない事も無くなりはしませんが、それでも減っていると思っています。

あなたの心が、ほんの少しでも楽になって頂けたら、私はそれ以上に嬉しいことはありません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

私のブログの宣伝ですが自己啓発コーナーを作っています

人生を楽しむ(人生を楽しく生きる)10の方法

2018年1月20日

心配性ですぐに落ち込む人が元気になる考えかた

2017年12月14日
0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。