ブログ初めて100日目(記念すべき日の私の思い)

ブログを初めて100日目になりました。ありがとうございます。

今日までに一つ小説を出そうと思っていましたが、ちょっと無理そうです。もう一息のところまできているのですが、完成までもう少し掛かりそうです。

小説の短編や長編の定義については、曖昧なところがあってだいたい4000文字から30000文字までを短編と言うらしいです。中編だと40000文字から120000文字だそうです。なのでそのように考えると私の実力では到底、長編などと言うレベルの物は作り出すことが出来ないと思いました。今、書いている小説も今で約15000文字ぐらい、私にしては頑張っている方じゃないかと思うのですが、ただ無駄に長いだけにならないように、努力して作っています。今までは3000文字から5000文字ぐらいまでの物語しか書けていなかったので、今回のこの物語がとても読めないレベルって事になっていなければ、それは成長と考えようと思います。このあとで何度か、自分なりに細かいところをチェックしつつ、足したり消したりを繰り返して最終的に仕上げます。その時にシーンに分けて3分割から5分割ぐらいにして短編だけど連載小説って形を取ろうと思っています。なので第1話が公開された時点で完結はしています。

私は今まで、このブログでいつか長編小説を!と書いてきましたが、長編はまだまだ無理そうです。まずは今年中に10万文字レベルのものを目指して行きます。(10万文字は長編と思っていた)

今まで書いていた物語から、もう一歩ステップアップ出来ていたらいいのになと思っています。今回からは、色んな小説やアニメや映画などを見て、その中からインスピレーションを頂き、自分なりに色んな事を考え、書き控えて構想を練ると言うやり方でした。違いは、今までは知識や経験の無い私が書けるレベルの物、今回からは書籍などからの勉強と創作を繰り返して作った物です。明確に分かるほどの違いは無いかもしれませんが、やはり成長する為には、自分だけじゃない何かからもしっかり勉強していかなければならないので、最近はあまり見なかった物なども見たりして、このシーンならどのように活字にすればいいんだろう?なんて思いながら見ています。何日か前に書いた、表現の難しさについても、何かを掴んだ訳ではないですが、情景描写と心理描写を無理のないレベルだけ織り交ぜつつ、物語を進行させて行くようにしています。本当に上手な文章をかける人は、この描写が綺麗に並ぶのですが、まぁ私にはまだ無理なので(読みにくくなるだけ)適度に入れて行こうと考えています。あまりこの部分に力を入れすぎずに。いつもこの部分で悩んで書けなくて、止めるを繰り返していたので、もうちょっと気楽に地の文を作って行きます。

なんて事を書いていた、ゆうやっちは右手に置いていたマグカップを手にとり口に運んだ、僅かに残った冷めたコーヒーを一気に飲み干して、エンターボタンを力強く叩いた。改行されたカーソルは点滅しながら次の入力を待っている。しかし、それ以上の入力はせず左手にあったマウスに手をやり、マウスを下書きを保存を言うボタンまで移動させてクリックした。ってぐらいが丁度いいと思う。だって今はまだ地の文の引き出しが少ないだもん!仕方ないじゃん!はい!勉強勉強!って事で勉強と言う名の読書をしました。そう先日ブログに書いた小説を昨日読み終えました。最初の方はなかなか入り込めなかったけど、中盤から後半にかけては一気に読みました。結果的にはよかったです。でも途中からは、なんだかこのようになってほしいなぁ~なんて希望も出てきて、でも私が思うような結末にはならず、まぁそうか・・・・・・と思いながら最後まで読みました。

この「余命10年」と言う本の作者さんは書籍化が決まってから、作品の編集後、刊行直前に亡くなられたそうです。作者さんの年齢は公開されていませんが、この物語に出てくる主人公のマツリちゃんも不治の病で余命10年を宣告されます。なんだか作者の方とかぶってきて、読んでいて、そうゆう見方になってきました。よく小説家を目指している人が自分の書いた小説が書籍化されたら死んでも構わないなんて言っている人がいますが、たしかに本気で小説家を目指している人なら書籍化は夢であり目標でもあります。ただ、この作者さんは、この本が刊行される直前で亡くなられた。どう思いますか?本当の死が無い人にとっては書籍化の方が大きいなんて言う例え話が出来ても、本当の死が目の前にあって書籍化を白紙にすれば死は無くなります。なんて言われたら、書籍化なんて、どうでもいい!ってなりますよね。そんな本物の死がこの本には描かれているように思えました。フィクションなら、もっと違う展開もあったんじゃないかと思う部分もあり、それがまたリアリティーを生み出している。もし機会があれば読んでみて下さい。いい本だったと思います。私もいつか書きたいな、ヒューマンドラマとラブストーリーのコラボレーション、一番作りたいジャンルかもしれません。

こんな、ゆうやっちの雑記ブログに遊びに来てくれている皆様に心から感謝します。おかげさまで100日目を迎える事が出来ました。これからも自分のペースでゆっくりと続けて行けたらと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

やっぱり小説を書きたいんだなと自分自身で再確認した。時に辛い事もあるけれど、今、頑張れないやつはこれからも頑張れない!今日頑張れないやつは明日もきっと頑張れない!だからこそ明日の自分の為に今日を全力で頑張ろう!きっと10年後の自分の価値を高める事になると思うから!自分の余命はあと何年だろう?それがあと1年だったら、あなたは今と同じ道を行きますか?同じ道を行く!と胸を張って言える道をこれからも進みたいと思う!

このブログを始めてよかったと今も思っている、でも、もっと良かったと思えるように私は進む! 小さな一歩を積み重ねて、こんなとこまで歩いてきたよ 100歩

 

 

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。