ブログ始めて42日目(ちょっと不思議な力を頂いた感謝)

今日は私が書いているモータースポーツの記事のお話しです。

こう行ったブログをやる以上はやはりアクセス数も求めて行かなければなりません。なかなか小説コーナーや日記コーナーだけではアクセス数が取れないので【今はね】なのでモタスポ記事も大切にしています。まぁそもそも大好きなのでね、ちょっと平行するのが大変なんです。まぁそれはいいとして、今日そのモタスポの記事の中にあるドライバー予想の結果が公式に発表されました。さぁこうなるとグーグル検索でレース名と2018年ドライバーと入力すると、私の記事が上の方に出てくるものですから、アクセス数が一気に増えたんです。これは嬉しい〜なんて思っているのも束の間、なんかアクセス数減ったぞと思い検索をしてみると私のブログなんか比べ物にならいなくらいの高いクオリティーのブログ達が私の検索の上に表示されているじゃありませんか?

「え!?そんなん勝てませんけど」と思ってついつい見てみると、1月12日更新!最新情報!とか書いてるのね。早すぎるし。私、今日知った情報をそんなに早く綺麗にまとめてアップとか出来ませんから。プロですか?プロの方達ですか?仕事が終わってすぐに情報収集、そして私は今さっきまで、モタスポ情報の更新をしていました。でもそんなに立派な作りに出来ないですよ。ちょっとマニアックなポジションに入れたと思っていたけど、技術のある人にサクっとやられる。ハードな世界だと言う事を改めて認識しました。一般的に見てどうか分かりませんが私のような超初心者ブロガーは1日10アクセスもあればいい方なのかななんて、良いように思う事にします。本日のこのモタスポ記事は1日の最高アクセス数になりました。アクセス数は伏せておきます。検索ランキングが落ちた今、もうこのアクセス数は稼げないかなとちょっと弱気な私です。あとはレベルの高い人に任せよう。私がこの世界で戦うには実力が足りなすぎた。と思いつつ、こんな初心者だからこそのブログで盛り返してやると心に小さな炎を燃やしているゆうやっちでした。はい!まぁそうゆう事です。


次〜

小説のお話しです。ここ最近は不思議とこうゆう事が起こるのですが、小説投稿サイトに投稿している小説達、自分で一生懸命宣伝して行かなければと思っていますが、なかなか方法分かりませんが、ツイッターのようなSNSも読んで下さいと発信しても読んでもらうのはかなり難しいです。投稿サイト内でも、新着から消えた小説は自分でも探すのが困難なぐらい、見つけるのは大変です。なので新着から消えた小説達はもう誰の目にも付かずに埋もれて行くだけとなります。これが現実です。ランキングに入って行かなければ見てもらえない、見てもらえても評価もらうのは大変な事です。はっきりした数字は分かりませんが、約65%ぐらいの小説は無評価状態だそうです。

不思議な話はここからなんですが、アップしている小説がもう新着にもランキングにも載ってない小説が、いや小説に!ふと評価がつきました!なんでや!誰がつけてくれたんだ!嬉しさ満タンですよそりゃね!このサイトは誰が評価をつけたか分からないんです。多分、評価の付け合いを防ぐ為でしょう。私に評価のつけてくれた人にお礼に評価をつけたい。でも誰か分からないと言うジレンマ。誰がどうやって私の小説にたどり着き評価してくれたのか、嬉しいけど疑問も残るお話でした。

更に今日は新たに「継承する想い」を投稿しました。新着に載っていた時間およそ20分。なんとその間にこの小説にも評価を頂きました!更にコメントまで頂けて、私は勘違いをしてしまいそうです。コラコラ勘違いをするな!はい!自分に言い聞かせます。

簡単には貰えない評価を頂けて、嬉しい気持ちを持ちつつしっかりと次の作品を作り、投稿してもっと見てもらえるよう前進して行きます。前回の日記も同じような事を書きましたが、自分に一人で出来る事をなんかたかがしれているように思います。見てくれる誰かがいて、一言くれる人がいて、その一言が明日の力になって行く!これが実感出来る、ここ2、3日でした。

次回作、現在執筆中、皆さんの力を借りて書かせてもらっています。応援してくれている方に心から感謝して、今日も一歩進んだよ

ちょっとずつ進んでここまでやってきた、皆さんの力を借りて42歩!

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。