ブログ始めて60日目(イラスト描いてもらった)

ブログ始めて60日目にして、自己紹介にあたる、ゆうやっちの顔を作ってもらいました。

もうすでにちょっとお気に入りなんですが、描いてくれた方が言うには

「ちょこっと描いただけやから」ってまじ!充分なんですけどと思いながらも、もうちょっと私の意見も取り入れてもらう事は可能ですか?って聞くゆうやっちは失礼だと思います。はい!

でもね、この雰囲気で良いなら描きますよって言ってくれるイラストレーターさんは、まさに神です。神光臨しすぎて震える。

実は、自己紹介はイラストにしようってずっと考えていて、描いてもらえる人もいなかったので、「ココナラ」と言うサイトで誰かにお願いしようかと思っていたところだったんです。まぁ私がそんな話をしたからなんですが、まさかまさか描いてもらえるとは夢にも思っていませんでした。最近、ちょっと行き詰っていた物語りも頑張らなければと思う出来事でした。

ちなみに、このイラストは近いうちに変更になるかもしれません。何故か?そのイラストレーターさんが新しいやつも描いてくれるらしいので、いい方をゆうやっちが選びます!はい!(偉そうに)すみません。

このイラストなんですけどね。実物は3cm角ぐらいのサイズだったんですよ。それも小さい紙の端っこに描いてくれていたんですよ。「紙、小さ」って思った事は内緒です。

「うん!だって適当に描いたもん」だって、でもこれはこれで充分いい感じだったんで、アナログのイラストをデジタル化するソフトを使ってJPEG化しました。う~んいい感じ!

私のブログが一気に華やかになった気にします。それにくらべて私の小説は・・・・・・今日もまた日記を書いて終わりそうな予感です。

ちなみに今後のサイト運営について、情報発信系ブログの作り方を勉強しておりまして、何かの説明コーナーを会話形式にしたいと思っています、出来るかどうかは別としてね。このサイトの登場人物を決めて、先生と生徒のような関係で作りたいと考えています。ようするにブログ主のゆうやっちと、あと二人ぐらい質問してくれる子がいれば会話形式になるじゃん。今はさ~ゆうやっち一人しかいないでしょ?これで話し合ったら、それは独り言になっちゃうよね。分かる?例えば

ゆうやっち
それってどうゆう事?
ゆうやっち
こうゆう事だよ
ゆうやっち
これだったら独り言じゃん
ゆうやっち
だから追加でアイコンいるんだって
ゆうやっち
なるほど、そうゆう事か
ゆうやっち
分かってもらえましたか?
ゆうやっち
分かったよ!ようするに独り言って事ね(笑)

まぁそうゆう事です。

何かを説明する時って会話形式の方が分かりやすい時ありますよね。なので、理想としては、あと二人ぐらい、このサイトの登場人物がほしいのです。名前は~「あっち」と「おっち」で設定は小学生の低学年ぐらいの無邪気な感じの子です。その二人の質問にゆうやっちが答えて行くってやつです。

イラストレーターさん、見分けの付くかわいい女の子を二名ほど、よろしくおねがいします!

ゆうやっち
ねえ!!ねえ!!どうしてそんなに一生懸命ブログするの?
ゆうやっち
それは、大人の事情です!きっぱり!

イラストレーターさんに心からありがとうと言う気持ちを持った60

0
このエントリーをはてなブックマークに追加

3 件のコメント

  • はじめまして。
    短編小説で検索かけてきました。
    個人的に『いつかきっと』が印象に残りました。
    自分自身の子供の頃に重ねて読ませて頂きました。
    自分の場合はだんだん疎遠になってしまいましたがw

    足跡代わりに『あっち&おっち』のイラストとアイコン作成してみたのでよろしければ。

    0
    • Лисица様コメントありがとうございます。お名前の読み方が分からなかったので、コピーでお返事を書かせてもらっています。すみません。
      短編小説の感想も頂けて嬉しく思っています。こういったコメント頂ける事は自分一人では生み出す事の出来ないほどの大きな大きな力になります。本当に読んで頂いてありがとうございました。
      そしてこの事をどのうようにお礼をさせてもらったらいいのか分からないままなのですが、素晴らしいクオリティーのイラストまで描いてもらって感謝と言う言葉だけでは足りないほどの気持ちがあります。このイラストはブログ内で使わせてもらってもいいのでしょうか?
      私は、このような画像を上手く編集出来ないので、もし使わせてもらえるなら、再送してもらえたら嬉しいです。

      重ね重ねではありますが、イラストの件も含め、コメントを頂き本当にありがとうございました。
      私にとって明日への、新しい作品へのモチベーションになりました。感謝です。

      0
  • お返事ありがとうございます。
    メールにて添付致しましたのでご確認下さい。
    長編小説も頑張ってください!
    それでは失礼致しました。

    0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    石橋を叩いて壊す。渡らなければ怪我はしない。そんな生き方をしてきた私が、何を思ったのか新しい事にチャレンジしてます。いつか短編小説を本として出したいと言う目標を持って小さな一歩を踏み出しました。パソコンが得意では無く、もちろん物語など書いた事がない私がブログ書いて行こうと思います。